デジタル広告のデータとインサイトを
TV広告キャンペーンに活用
The Trade Deskのグローバルの広告主の4分の3は、すでに当社のプラットフォームでコネクテッドTVやOTTの広告配信をしています。その理由は、プログラマティックのターゲティング機能と効果測定機能をTV広告キャンペーンに採用することで、より多くのオーディエンスにリーチし、パフォーマンスを完全に理解できるからです。
プレミアムインベントリ
世界の主要なネットワークやケーブルテレビプロバイダーで広告を配信。

データドリブンターゲティング
ファーストパーティデータ・サードパーティデータを活用し、他のデジタル広告キャンペーンと同様に最も価値の高いオーディエンスにリーチ。

正確なフリークエンシーコントロール
オーディエンスに最適な広告体験が提供できるよう広告の視聴頻度をコントロール。

統一の効果測定
リーチ、フリークエンシー、動画の視聴完了率など、デジタルと従来の効果測定基準でキャンペーンの効果を測定。


事例:いかにマクドナルドが、ドイツでコネクテッドTV (CTV)を利用してコアなターゲット層の間で認知度を高めたか
現在、世界中のブランドがこれまで以上にCTVへ広告予算をシフトしています。マクドナルドがどのようにしてこの成長しているチャネルであるCTVを利用して、93%の視聴完了率と300万の広告完全視聴回数を実現し、認知度を高めることに成功した事例の詳細はこちらからご覧ください。

事例の詳細はこちら